PUBLICATIONS

International Journal

  1. Masahiko Osawa and Michita Imai, "A Robot for Test Bed Aimed at Improving Telepresence System and Evasion from Discomfort Stimuli by Online Learning" International Journal of Social Robotics (2018/4/15 accepted).

  2. Shoya Matsumori, Yuki Abe, Masahiko Osawa and Michita Imai, "Investigation of Incremental Learning as Temporal Feature Extraction", Procedia Computer Science, Vol.145 pp. 342-347, 2018.

  3. Masahiko Osawa and Michita Imai. "The Functional Plausibility of Topologically Extended Models of RBMs as Hippocampal Models." Procedia Computer Science Vol. 123 pp. 341-346, 2018

International Conference

  1. Takuma Seno, Masahiko Osawa, Michita Imai, "Adaptive Semi-autonomous Agents via Episodic Control", 6th International Conference on Human-Agent Interaction, 2018

  2. Kohei Okuoka, Yusuke Takimoto, Masahiko Osawa and Michita Imai, "Semi-Aunotonomous Telepresence Robot for Adaptively Switching Operation using Inhibition and Disinhibition Mechanism", 6th International Conference on Human-Agent Interaction, 2018 (accepted for long presentation (29%))

  3. Shoya Matsumori, Yosuke Fukuchi, Masahiko Osawa and Michita Imai, "Do others believe what I believe? Estimating how much information is being shared by utterance timing", 6th International Conference on Human-Agent Interaction, 2018(accepted for long presentation (29%))

  4. Yosuke Fukuchi, Masahiko Osawa, Hiroshi Yamakawa, Tatsuji Takahashi and Michita Imai, "Bayesian Inference of Self-intention Attributed by Observer", 6th International Conference on Human-Agent Interaction, 2018, (accepted for long presentation (29%))

  5. Masahiko Osawa, Takashi Omori, Koichi Takahashi, Naoya Arakawa, Naoyuki Sakai, Michita Imai and Hiroshi Yamakawa, "Function Map-Driven Development for AGI", Annual International Conference on Biologically Inspired Cognitive Architectures, 2018. 

  6. Takuma Seno, Masahiko Osawa and Michita Imai, "An Intrinsically Motivated Robot Explores Non-reward Environments With Output Arbitration", Annual International Conference on Biologically Inspired Cognitive Architectures, 2018. 

  7. Masahiko Osawa, Yuta Ashihara, Takuma Seno, Michita Imai and Satoshi Kurihara, "Accumulator Based Arbitration Model for both Supervised and Reinforcement Learning Inspired by Prefrontal Cortex", The 24th International Conference On Neural Information Processing, pp. 608-617, 2017

  8. Yosuke Fukuchi, Masahiko Osawa, Hiroshi Yamakawa and Michita Imai, "Application of Instruction-based Behavior Explanation to a Reinforcement Learning Agent with Changing Policy", The 24th International Conference On Neural Information Processing, pp. 100-108, 2017

  9. Yosuke Fukuchi, Masahiko Osawa, Michita Imai, and Hiroshi Yamakawa, "Autonomous Self-Explanation of Behavior for Interactive Reinforcement Learning Agents", 5th International Conference on Human-Agent Interaction, pp. 97-101, 2017. 

  10. Sei Ueno, Masahiko Osawa, Michita Imai, Tsuneo Kato and Hiroshi Yamakawa: Reinforcement Learning Framework for Robots in the Real World that Extends Cognitive Architecture: Prototype Simulation Environment “Re:ROS”.,Biologically Inspired Cognitive Architectures (BICA) for Young Scientists: Proceedings of the First International Early Research Career Enhancement School on BICA and Cybersecurity (FIERCES 2017), vol. 636, pp. 198--206, 2017

  11. Masahiko Osawa, Michita Imai, and Hiroshi Yamakawa: An Implementation of Working Memory Using Stacked Half Restricted Boltzmann Machine: Toward to Restricted Boltzmann Machine-Based Cognitive Architecture., The 23rd International Conference on Neural Information Processing, pp. 342-350, Kyoto, Japan, 2016.

  12. Hiroshi Yamakawa, Masahiko Osawa and Yutaka Matsuo: Whole Brain Architecture Approach Is a Feasible Way Toward an Artificial General Intelligence, The 23rd International Conference on Neural Information Processing, pp. 275-281, Kyoto, Japan, 2016.

  13. Hirokazu Kiyomaru, Masahiko Osawa and Hiroshi Yamakawa: BiCAmon: Activity monitoring tool on 3D connecome structures for various cognitive architectures, International Neuroinformatics Coordinating Facility Neuroinformatics 2016, Reading, United Kingdom, 2016.

  14. Masahiko Osawa and Masafumi Hagiwara: Analyses of Learning Characteristics of RBMs and an Automatic Method for Deciding the Number of Hidden Units, International Symposium on Advanced Intelligent Systems, F1a-5, Mokpo, Korea, 2015.

  15. Yu Yamagishi, Masahiko Osawa, and Masafumi Hagiwara: A Learning Method for Echo State Networks Using RBM, F1a-3, International Symposium on Advanced Intelligent Systems, Mokpo, Korea, 2015.​​​

Domestic Conference (Oral)

  1. 福田聡子, 澤田志織, 川崎邦将, 奧岡耕平, 大澤正彦, 長田茂美, 今井倫太, "適応ギャップ理論を拡張したインタラクションデザインの提案", HAIシンポジウム, 2019. (討論セッション採択 3/25)

  2. Hector Dubuis, Michita Imai, Masahiko Osawa, "Regret-based emotional modeling of an opponent in a game-playing agent," クラウドネットワークロボット研究会, 信学技報, vol. 118, no. 459, pp. 11-14, 2019.

  3. 里形理興, 奥岡耕平, 大澤正彦, 今井倫太, " 認知地図への影響を考慮したユーザに適応的なストリートビュー", 信学技報, vol. 118, no. 306, CNR2018-22, pp. 25-30, 2018.

  4. Masahiko Osawa, Kotaro Mizuta, Hiroshi Yamakawa, Yasunori Hayashi, and Miichita Imai, "Development of Biologically Inspired Artificial General Intelligence Navigated by Circuits Associated with Tasks", The 28th Annual Conference of Japanese Neural Network Society, 2018.

  5. 豊永哲士, 大澤正彦, 今井倫太, "チャット会話における理解度と間の分析 " ヒューマンインタフェースシンポジウム, 2018

  6. 滝口啓介, 大澤正彦, 今井倫太, "Hierarchical Multi Objective Deep Reinforcement Learning with Accumulator Based Arbitration Mode", 第9回汎用人工知能研究会, 2018.

  7. 永吉秋平, 奥岡耕平, 大澤正彦, 今井倫太, "ロボットの行動原理を形成した経験の提示が行動の意図を人に想定させるか", 第9回汎用人工知能研究会, 2018.

  8. 大澤正彦, 齋藤和紀, 三宅陽一郎, 今井倫太, "多様な視点で見つめるシンギュラリティ --- 技術・産業・行政を統合した社会構造モデルの提案", 第32回人工知能学会全国大会, 2018.

  9. 大澤正彦, 大森隆司, 高橋恒一, 荒川直哉, 坂井尚行, 上野道彦, 今井倫太, 山川宏, "AGI 開発をナビゲートするための能力マップ", 第32回人工知能学会全国大会, 2018.

  10. 福地庸介, 大澤正彦, 山川宏, 今井倫太, "人間の環世界から見たエージェントモデル - AI Safety の実現に向けて", 第32回人工知能学会全国大会, 2018.

  11. 奥岡耕平,大澤正彦,今井倫太, "コンテクスト推定に基づいて予測的認知を誘発する非自然言語エージェント", 情報処理学会第80回全国大会, 2018

  12. 妹尾卓磨,大澤正彦,今井倫太, "深層強化学習によるロボットの無報酬な環境の探索", 情報処理学会第80回全国大会, 2018

  13. 松森匠哉,大澤正彦,福地庸介,今井倫太, "ユーザモデルにもとづいて発言タイミングを決定するプレディクティブチャットボット", 情報処理学会第80回全国大会, 2018

  14. 豊永哲士, 大澤正彦, 今井倫太, "1役を演じる2者間のHAI - 発話の半自律化に向けて", HAIシンポジウム, 2017

  15. 大藤 聖菜, 妹尾 卓磨, 清丸 寛一, 川崎 邦将, 大澤 正彦, 長田 茂美, 今井 倫太, "予測的認知と「間」の関係―言葉を話せないロボットによるしりとりを題材とした考察―", HAIシンポジウム, 2017

  16. 松森 匠哉,妹尾 卓磨,菊池 俊基,滝本 佑介,大澤 正彦,今井 倫太, "Embedding Cognitive Map in Neural Episodic Control", 第7回汎用人工知能研究会, 2017.

  17. 大澤正彦, 川崎邦将, 八木拓真, 長田茂美, 今井倫太, 汎用人工知能研究のマイルストーンとしての擬人化キャラクター, 第6回汎用人工知能研究会, 2017.

  18. 川崎邦将, 大澤正彦, 今井倫太, 長田茂美, 認知的制約付き擬人化キャラクターに着目したコミュニケーションロボットの設計と開発, 第6回汎用人工知能研究会, 2017.

  19. 清丸寛一, 大澤正彦, 今井倫太, 予測的認知を用いた非自然言語による言語的コミュニケーション, 第6回汎用人工知能研究会, 2017.

  20. 奥岡耕平, 大澤正彦, 滝本祐介, 今井倫太, 半自律テレプレゼンスロボットによる自律化が与える遠隔操作者への影響調査, 第6回汎用人工知能研究会, 2017.

  21. 福地庸介, 大澤正彦, 山川宏, 今井倫太, 異種エージェントへの教示に向けたInstruction-based Behavior Explanationの応用の検討, 第6回汎用人工知能研究会, 2017.

  22. 妹尾卓磨, 大澤正彦, 今井倫太, Accumulator Based Arbitration Model DQN: Deep Reinforcement Learning Arbitrating Multiple Modules, 日本神経回路学会第27回全国大会, 2017

  23. 大澤正彦, 滝本祐介, 奥岡耕平, 今井倫太, 随意・不随意行動に着目した半自律テレプレゼンスロボットのふるまいの印象調査, 日本認知科学会全国大会, 2017

  24. Vincent Richard, Masahiko Osawa, and Michita Imai: "Determining Strategies behind Moves in the Game of Go", IEICE, vol. 117, no. 95, CNR2017-1, pp. 1-6, 2017.

  25. 大澤正彦, 今井倫太, “半自律テレプレゼンスロボットの不快刺激の学習と回避行動の表出”, 第31回人工知能学会全国大会, 2017.

  26. 芦原佑太, 大澤正彦, 島田大樹, 栗原聡, 今井倫太, “前頭前野Accumulatorモデルを利用した階層型脱抑制システムの提案”, 第31回人工知能学会全国大会, 2017

  27. 大澤正彦, 今井倫太, “ヒトレベル汎用人工知能実現に向けたげっ歯類レベル認知アーキテクチャのHAIへの応用の検討”, 第5回汎用人工知能研究会, 2017

  28. 福地庸介, 大澤正彦, 岨野太一, 山川宏, 今井倫太, “深層強化学習エージェントの自己モデル獲得と行動目標説明表現の生成”, 第5回汎用人工知能研究会, 2017

  29. 山田航佑, 大澤正彦, 今井倫太, “深層学習に有用な隠れ素子数の自動決定法 D-DALPの提案”, 第5回汎用人工知能研究会, 2017

  30. 芦原佑太,大澤正彦,島田大樹,栗原聡,今井倫太, "Accumulatorモデルを用いた,機械学習器の階層的な調停と強化学習への応用", 社会システムと情報技術研究ウィーク(WSSIT), 2017

  31. 福地庸介, 大澤正彦, 岨野太一, 山川宏, 今井倫太, “深層学習エージェントの自己モデルによる意図の解釈”, 情報処理学会 第79回全国大会, 2017

  32. 芦原佑太, 大澤正彦, 島田大樹, 栗原聡, 今井倫太, “Accumulatorモデルを利用した階層型アーキテクチャの調停”, 自律分散システムシンポジウム, 2017

  33. 大澤正彦, 芦原佑太, 島田大樹, 今井倫太, 栗原聡, “前頭前野Accumulatorを用いた複数の機械学習器の調停と認知アーキテクチャへの応用”, 第4回汎用人工知能研究会, 2016

  34. 上乃聖, 大澤正彦, 今井倫太, 加藤恒夫, 実世界で動作する強化学習ロボットを目指して-学習環境Re:ROSの試作, 第4回汎用人工知能研究会, 2016.

  35. 大澤正彦,今井倫太、山川宏,げっ歯類レベル認知アーキテクチャを用いたインタラクションモデルの構想,電子情報通信学会クラウドネットワークロボット研究会,2016.

  36. 大澤正彦,山川宏,今井倫太,海馬の構造に着目したRestricted Boltzmann Machineの拡張モデル,人工知能学会 第3回 汎用人工知能研究会,2016.

  37. 小川早紀, 大澤正彦, 萩原将文, Deep Learningを用いた色の印象推定システム, 日本感性とあいまい研究部会, 2015.

  38. 大澤正彦,萩原正文,海馬-大脳新皮質系に着目した深層学習による記憶モデルの提案,人工知能学会第29回全国大会, 2015.

  39. 大澤正彦,萩原将文:“RBMにおける未学習データ検出法の提案と追加学習への応用,” 電子情報通信学会ニューロコンピューティング研究会,信学技報, vol.114, no.259, NC2014-118, pp.283-288.

  40. 大澤正彦,萩原将文:“RBMの学習特性の分析と隠れ層ニューロン数の自動決定法,” 電子情報通信学会ニューロコンピューティング研究会,信学技報, vol.114, no.259, NC2014-22, pp.7-12, 2014.

Domestic Conference (Poster)

 

  1. Takuma Seno, Masahiko Osawa and Michita Imai, "Dynamic NOOP Insertion Improves Performance of Pre-trained Deep Reinforcement Learning Model", The 28th Annual Conference of Japanese Neural Network Society, 2018.

  2. Shoya Matsumori, Yuki Abe, Masahiko Osawa and Michita Imai, "An Investigation of Incremental Learning as a Temporal Feature Extraction", The 28th Annual Conference of Japanese Neural Network Society, 2018.

  3. 奥岡 耕平, 大澤 正彦, 今井 倫太, "マルチモーダル情報を用いたコンテクスト予測に基づいて伝達文字量を最適化する対話システム", HAIシンポジウム, 2017

  4. 妹尾 卓磨, 大澤 正彦, 今井倫太, "無報酬な環境での深層強化学習によるロボットの行動獲得", HAIシンポジウム, 2017

  5. 松森 匠哉, 大澤正彦, 今井倫太, "チャットシステムにおける同時性発言の影響", HAIシンポジウム, 2017

  6. 上妻真緒, 大藤聖菜, 大澤正彦, 今井倫太, 山田祐樹, "コミュニケーション成立の個人差からみる非言語エージェントへの印象", HAIシンポジウム, 2017

  7. 大澤正彦, 山田航佑, 今井倫太, Two automatic tuning methods of the number of units in RBMs, 日本神経回路学会第27回全国大会, 2017

  8. 福地庸介,大澤正彦,岨野太一,山川宏,今井倫太,熟練した他者からのメッセージを通じた自己モデルの獲得方法の検討,HAIシンポジウム 2016.

  9. 大澤正彦, 萩原将文, 中間記憶から長期記憶への転送モデル, 第25回神経回路学会全国大会, pp. 46-47, 2015.

  10. 山岸優, 大澤正彦, 萩原将文, RBMを用いたEcho State Networkの結合荷重決定法, 第25回神経回路学回全国大会, pp.94-95, 2015.


Magazine
 

  1. 大澤正彦, "学生フォーラム [第 95 回] 小松孝徳教授インタビュー 「人を研究し, 人とつながり, 人を思い, 人を育てる」", 人工知能, Vol. 34, No. 1, pp.106-108, 2019

  2. 松森匠哉 , 妹尾卓磨 , 大澤正彦 , 山川宏, "会議報告 2018 the Joint Multi-Conference on Human-Level Artificial Intelligence(HLAI 2018)," 人工知能, Vol. 33, No. 6, pp. 911-912, 2018.

  3. 大澤正彦, "RBMにおける2つの素子数自動決定法", 日本神経回路学会誌, Vol. 24, No. 4, p. 247, 2017

  4. 大澤正彦, "知能への学問の分解と統合 ─人工知能+認知科学+神経科学異分野交流会─", 人工知能, Vol. 32, No. 6, pp. 873-876, 2017 (URL)

  5. 大澤正彦, “全脳アーキテクチャ若手の会”, 人工知能, Vol. 32, No. 2, pp. 268–269, 2017 (URL)

Award

  1. 2018年 WBAI奨励賞

  2. 2017年 KTM Microsoft Imagine Cup AWARD

  3. 2017年 HAIシンポジウム 学生奨励賞

  4. 2017年 日本神経回路学会大会奨励賞

  5. 2017年 BICA Research Prize

  6. 2016年 KEIO TECHNO-MALL NTT コラボレーション Award

  7. 2016年 人工知能学会30周年記念事業奨励賞

  8. 2016年 第2回全脳アーキテクチャ・ハッカソン すごい賞および脳っぽい賞

  9. 2015年 International Symposium on Advanced Intelligent Systems Best Presentation Award

  10. 2015年 慶應義塾大学 平成26年度 表彰学生

  11. 2014年 IEEE Japan Chapter Young Researcher Award​

Invited Presentation

  1. 人工知能学会倫理委員会 パネリスト

  2. ​日経STUDYUM, 2019-5.

  3. アルタナユニバーシティ, 2018-3. (リンク)

  4. 論理と感性のグローバル研究センター, 2019-3. (リンク)

  5. 品川女子学院, 2019-2 (リンク)

  6. 脳と心の研究会, 2018-9

  7. AI-Girls Collection, 2018-9

  8. Loohcs, 2018-7. (リンク)

  9. 朝日新聞DIALOG AI FORUM ,2018-5

  10. とよたビジネスフェア, "AIの未来 ~ドラえもんは作れるのか~", 2018-3. (リンク)

  11. COMEMO FES 2018 「本音が踊る社交場」(主催: 日本経済新聞電子版), 「テクノロジーにやさしさを込められるか」2018-3 (リンク)

  12. 全脳アーキテクチャ若手の会東北支部 スタートアップイベント, "ヒトの知能の学際的な理解を目指して", 2018-2.

  13. 「多様な視点で見つめるシンギュラリティ」シンギュラリティ大学 x SONY x WBA若手の会, "若手から見たシンギュラリティとその将来展望", 2018-1, (リンク)

  14. ​灘高校 土曜講座, "ドラえもん学 - 知能研究から学ぶ自分自身の本当の姿 -, 2017-10

  15. 第179回科学技術政策懇談会, "ドラえもんをつくる - 知能研究の統合と、ドラえもんがいる社会に向けて", 2017-10

  16. 平成29年度第一回経営戦略塾, "AIの現状を知る - ドラえもんは作れるのか", 2017-10.

  17. 全脳アーキテクチャ若手の会九州支部「人工知能を学ぶということ」, "人工知能が最強の学問である", 2017-9.

  18. 一般財団法人コンピュータソフトウェア協会 AI技術研究会セミナー“げっ歯類レベル汎用人工知能を目指して”, 2017-6.

  19. 人工知能 + 認知科学 + 神経科学 異分野交流会, 2047年知能へのロードマップ, オーガナイザー, 2017-5, (リンク, 動画)

  20. 人工知能 + 認知科学 + 神経科学 異分野交流会, 開会宣言, 2017-5, (リンク, 動画)

  21. SIG-WBA, “げっ歯類レベル認知アーキテクチャを目指して”, 2017-3.

  22. 第19回 全脳アーキテクチャ若手の会勉強会 『カジュアルトーク』 “学際領域研究者の卵が思うこと10選 -認知, 神経, 人工知能の視点から-”, 2016-11. (サイト, 動画)

  23. SIG-WBA, ” 海馬と創る — RBM Based Cognitive Architecture”, 2016-7.

  24. 第14回 全脳アーキテクチャ若手の会勉強会 『カジュアルトーク』“全脳アーキテクチャ若手の会について”, 2016-6, (リンク, 動画)

  25. 「加速するAI、加速する世界」第1回WBAシンポジウム パネリスト, 2016-4. (リンク)

  26. 第5回 全脳アーキテクチャ若手の会勉強会『Recurrent neural networks』 オーガナイザー, 2015-3. (リンク)

  27. 第2回 全脳アーキテクチャ若手の会勉強会『Convolutional Neural Networks』 オーガナイザー, 2015-11. (リンク)

  28. 第1回 全脳アーキテクチャ若手の会勉強会 『ディープラーニング』 講演, 2014-10. (リンク)

Media

  1. 明日へのLesson 技術発展「人の思い」加味してこそ, 朝日新聞 朝刊, 2019年6月5日

  2. (明日へのLesson)第1週:メッセージ 将棋棋士・羽生善治さん×朝日新聞DIALOG, Yahoo!ニュース, 2019年6月5日 (リンク)

  3. 羽生九段が持ち出した「ムーアの法則」AI×遺伝子鼎談, 朝日新聞DIGITAL, 2019年6月4日 (リンク)

  4. 明日へのレッスン3 将棋棋士・羽生善治×朝日新聞DIALOG 過去と決別できるから、新しいものを生み出せる, 朝日新聞DIALOG, 2019年6月4日 (リンク)

  5. ソーシャルイノベーターに聞く「ドラえもんを作って、一人ひとりを幸せにしたい」大澤正彦さん(26), 朝日新聞DIALOG, 2019年5月31日 (リンク)

  6. AIはいかに真実を突き止めるのか –AIと医療, 日経電子版TOP, 2019年5月31日

  7. 理論と感覚の間。- ディープラーニングの生成モデルをみた所感, 日経電子版TOP, 2019年5月29日

  8. ドラえもん作りたい 26歳の夢, Yahoo!ニュース(トップ), 2019年4月18日(リンク

  9. ドラえもんは作れる 若き異才が崩す人とロボットの壁 - ドラえもん研究者 大澤正彦さん, 日経スタイル, 2019年4月17日(リンク

  10. ゼロから分かる!人工知能(AI)の仕組みとその可能性 大澤 正彦 氏, 日本経済新聞 朝刊, 2019年4月4日

  11. SPARK IGNITION ~AI によるイノベーションの取組み~, ラジオ日本, 2019年3月4日/11日/18日

  12. シンギュラリティを考えよう, 日経電子版TOP, 2018年12月27日

  13. 【女子限定の人工知能イベント!?】第1回「AI Girls Collection」イベントレポート, AINOW, 2018年10月16日 (リンク)

  14. 【イベント】AI女子によるAI女子のための「AI Grils Collection」を開催!, AINOW, 2018年9月27日 (リンク)

  15. 【天才の育て方】大澤正彦 ~僕はドラえもんを作る, KIDSNA, 2018年8月24日, (前編リンク ・ 後編リンク)

  16. AIの研究と実務、気鋭の若手2人が考える「人間と機械の協働」とは朝日新聞DIALOG AI FORUM 2018 2018年5月20日(リンク)

  17. リアル・ドラえもんを作りたい!, TBSラジオ THE FROGMAN SHOW A.I.共存ラジオ 好奇心家族, 2018年3月6日 (リンク)

  18. 孫正義が太っ腹に支援する「若き異能」発掘プロジェクトの中身, ダイヤモンド・オンライン, 2018年2月27日 (リンク)

  19. リアル「ドラえもん」をつくるんだ, 朝日中高生新聞, 2018年2月18日

  20. 「多様な視点で見つめるシンギュラリティ」-シンギュラリティに文系も理系もない-, AINOW, 2018年1月25日 (リンク)

  21. 「異能」そろって刺激し合う 孫正義育英財団1期生、成果をプレゼン - ドラえもんづくりへ仲間集め, 朝日小学生新聞 (1面), 2018年1月5日

  22. ロボットに自然な動作 慶大 アーキテクチャー開発, 日刊工業新聞, 2017年12月13日 (電子版)

  23. ​ドラえもんを作る!!!!!, AINOW,  2017年12月5日 (URL)

  24. 小学生からブレない想い。全脳アーキテクチャ若手の会創設者の思想と目指すもの, AIJobColle, 2017年10月19日 (URL)

  25. 制約があるからこそ、実現できる人間と「ミニドラ」の会話をHumanAgent Interaction (HAI)から学ぶ, AINOW, 2017年10月18日 (URL)

  26. ​ドラえもんの心を作るには, 日本経済新聞 朝刊, 2017年6月26日 (電子版)

  27. 連載:夢は青くて巨大な鉄の塊, College Cafe by NIKKEI, 2017年6月16日〜現在連載継続中 (URL)

  28. 【AI研究者の日常】-のび太とドラえもんの関係性を解き明かしたい- 慶應義塾大学大学院理工学研究科 D1大澤正彦, AINOW, 2017年6月15日 (URL)

  29. 【すべてのAI開発者へ】学問を超えて人工知能開発を本気で考えた「人工知能」+「認知科学」+「神経科学」異分野交流会レポート, AINOW, 2017年6月12日 (URL)

  30. 特化型AIと汎用AIの未来とは? 全脳アーキテクチャ若手の会カジュアルトーク#19, AINOW, 2016年12月6日 (URL)

  31. 連載:全脳アーキテクチャ若手の会!, College Cafe by NIKKEI, 2016年8月4日〜2017年4月14日 (URL)

  32. 私とWBAI: 全脳アーキテクチャ若手の会代表 大澤正彦, 2016年7月16日 (URL)

Other

  1. 2019年 全国高校生未来会議メンター

  2. 2018年 北原フェス出展

  3. 2018年 G1カレッジ ワークショップリーダー

  4. 2018年 みんなの夢AWARD セミファイナリスト

  5. 2018年 戦略的情報通信研究開発推進事業(SCOPE)平成30年度 独創的な人向け特別枠「異能vation」プログラム「破壊的な挑戦部門」一次選考通過 (リンク)

  6. 2018年 Narrative Career School メンター

  7. 2018年 トヨタビジネスフェア 出展

  8. 2017年 KEIO TECHNO-MALL出展

  9. 2017年 日本学生支援機構「優れた業績による一部返還免除」

  10. 2016年 KEIO TECHNO-MALL出展

  • Facebook Clean Grey
  • Twitter Clean Grey
  • LinkedIn Clean Grey

Copyright 2019 Masahiko Osawa

This web page is supported by Kohei Okuoka, Shoya Matsumori, Kosuke Yamada, Shiori Sawada, and Yu Ohata.